洋楽LOVER-人気曲ランキング

海外アーティストの曲を人気曲ランキングにして動画で紹介しています。素晴らしい曲との出会いを創る洋楽LOVER

カントリーグループ『Little Big Town 人気曲ランキング』

      2015/04/13


リトル・ビッグ・タウン(Little Big Town )
アメリカ合衆国のカントリー・ミュージック・ヴォーカル・グループ。

1998年、
カレン・フェアチャイルド、
キンバリー・シュラプマン、
ジミ・ウエストブルック、
フィリップ・スウィート
の4名で結成された。
カルテット形式で、4パートに分かれてハーモニーを形成し、
4人が交互にリード・シンガーを担当する。
ウエストブルックとスウィートはリズムギターも演奏する。

マーキュリー・ナッシュビル・レコードとレコーディング契約を結んだ
シングルもアルバムも発表されず、
2002年、モニュメント・レコードから
セルフタイトル・アルバム『Little Big Town 』を発表した。
このアルバムから2枚のシングルが発表されたが、
あまりヒットせずにレーベルを離れた。
2005年頃、クリント・ブラック所有のレーベルである
エクイティ・ミュージック・グループと契約し、
同年、彼らにとって2枚目のアルバム『The Road to Here 』を発表した。
このアルバムからのシングル『Boondocks 』、
『Bring It On Home 』はカントリー・チャートで10位以内に入り、
プラチナ認定された。2007年、3枚目のアルバム『A Place to Land 』が発表され、
このアルバムからの最初のシングル『I'm with the Band 』はカントリー・チャートで
40位以内に入った。その後間もなく、
『A Place to Land 』の権利と共にキャピトル・レコード・ナッシュビルに移籍し、
シングル『Fine Line 』、『Good Lord Willing 』を発表した。
2010年、アルバム『The Reason Why 』が発表され、
このアルバムからのシングル『Little White Church 』は10位以内に入り、
2012年のアルバム『Tornado 』からのシングル『Pontoon 』で初めて第1位となった。

Sponsored Link

10位 Shut Up Train

【曲調】ポップで力強い曲

9位 Everything Changes

【曲調】ポップなミュージック

8位 Don't Waste My Time

【曲調】ポップで力強い曲

7位 Sober

【曲調】軽快なポップソング

6位 Girl Crush

【曲調】ポップなミュージック

5位 Girl Crush

【曲調】ポップなミュージック

4位 Day Drinking

【曲調】ポップで力強い曲

3位 Your Side Of The Bed

【曲調】軽快なポップソング

2位 Tornado

【曲調】ポップなミュージック

1位 Pontoon

【曲調】ポップで力強い曲

*ランキングはyoutubeの再生回数に基づいて作成しています。

良い曲がランク外になってしまうことがあるのでご了承ください。

Sponsored Link

Sponsored Link

10位

9位

8位

7位

6位

5位

4位

3位

2位

1位

*ランキングはyoutubeの再生回数に基づいて作成しています。

良い曲がランク外になってしまうことがあるのでご了承ください。

Sponsored Link

 - 00年代, 10年代, カントリー・ミュージック, 洋楽