70年代の洋楽を牽引した『Earth, Wind & Fire 人気曲ランキング』

アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)

アメリカの黒人によるファンクミュージック・バンドである。

人気を博した1970年代の全盛期は、
モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツインヴォーカルに
重厚なホーンセクションが特徴

2013年には22年ぶりにソニー・ミュージック(コロムビア)に戻り、
9月にNow, Then & Foreverをリリース。
ラリー・ダンが復帰し、原点回帰をテーマにしたサウンドとなる。

Earth, Wind & Fireの代表曲”September”は
ドラマ『続・平成夫婦茶碗』の主題歌になり日本で有名に

現在では、映画『ナイト ミュージアム』のエンディング曲や
『最強のふたり』のオープニングの曲に使用されるなど
色褪せることなく現代でも聞かれている名曲である

Sponsored Link

10位 Thinking of You

【曲調】ポップなミュージック

9位 Boogie Wonderland

【曲調】軽快なポップソング

8位 Fall In Love With Me

【曲調】ポップなダンスミュージック

7位 My Promise

【曲調】ポップで力強い曲

6位 Reasons

【曲調】さわやかで力強い曲

5位 Fantasy

【曲調】ポップで力強い曲

4位 Easy Lover

【曲調】軽快なポップソング

3位 Let’s Groove

【曲調】ポップなミュージック

2位 Boogie Wonderland

【曲調】ポップなダンスミュージック

1位 September

【曲調】ポップなダンスミュージック

*ランキングはyoutubeの再生回数に基づいて作成しています。

良い曲がランク外になってしまうことがあるのでご了承ください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です